警察官予備校ガイド~人気講座比較

警察官予備校ガイド~人気講座比較

MENU

警察官予備校ガイド~人気講座比較ランキング

警察官、警視庁は高卒での採用人数も多く、男性、女性からも人気の職業として高校生で受験する人も多くいます。また大学生、社会人では公安系公務員を目指す方においては、消防官と併願する人もおり受験者数も多いのも特徴としています。

 

そこで警察官予備校の口コミ&評判、人気講座ランキングなど関心を高めている方もいるのではないでしょうか。ここでは評価の高い講座を紹介していますので、スクール選びの参考にしてみて下さいね!

 

そして近年では警察官、警視庁の試験対策として高校生、大学生、社会人では、公務員予備校、専門学校、塾などを利用する人が多く存在しています。そこで警察官予備校を選択する際には一つに決めるのではなくいくつか的を絞り、費用や学費はもちろんのこと学習カリキュラムやスタイル、志望先に特化しているのか比較することも大事としています。

 

当サイトの警察官予備校ガイドでは、評判の良い講座としているスクールをピックアップしていますので、安心して利用することができます。また公務員予備校、専門学校、塾では無料体験やガイダンスなども実施しているところが多々ありますので詳しい詳細は公式サイトで確認してみて下さいね!

 

東京アカデミー

 

大卒、高卒程度の公務員予備校として警察官の合格実績が多数あり、通学、通信講座を選択することができます。そして全国に75拠点展開している大手としており、知名度は高く東京アカデミーの評判&口コミは常に人気とし特に生講義は熱意溢れ好評としています。

 

警察官予備校としても定評があり、高校生、大学生、社会人の幅広い方が自分の生活スタイルに合わせて学ぶことができます。また過去の実績に基づいた情報が、大勢の合格者を生み出すとして関心を高めておきたいスクールとしています。

 

資格スクール大栄

 

1次試験から2次試験まで万全の対策とする公務員講座には、警察官予備校としても大栄は評判が良く警視庁、警察官大卒、高卒程度の合格者を多数輩出しています。高校生、大学生はもちろんのこと長年の社会人教育の実績に基づき、無理、ムダなく警察官試験対策を始めることができます。

 

資格試験・資格取得とスキルアップに強い資格の学校としても知られている大栄は、通学のオンデマンドコースとライブ講義コースを選択することができます。そして両コースともお得な料金でWeb通信システムを利用でき付加することもできます。

 

TAC

 

大学2,3,4年生、既卒者、社会人を対象とした公務員予備校、塾とし、大卒程度の警視庁Ⅰ類B、道府県警察官の多数の合格者実績としています。大卒レベルの警察官の試験対策として強みをもつTACは、最終合格するためのノウハウが蓄積されており申し分のないスクールとしています。

 

警察官専用のカリキュラム・講義、教材で効率良く合格、内定を勝ち取ることが期待でき、通学、通学+通信、通信とバリエーション豊かな各種受講メディアが用意され選択することができます。

 

クレアール

 

通信講座のみの学習スタイルとして、警察官予備校、専門学校よりも費用、学費、受講料など抑え試験対策とすることができます。通信だから面接対策が気がかりとする人も少なくないようですが、クレアールでは最後の難関とする2次試験の人物、面接にも万全な対策としていますので安心しても良いようです。

 

また 無駄なく無理なく実戦力を身につけられ合格に直結したオリジナル教材は、クレアールの口コミ&評判でも高評価としています。高卒程度警察官の試験対策には早期スタートとして15ヵ月合格コース、他超短期マスターコースがあります。そして大卒、社会人対象では公安系公務員3ヵ月コースに10ヵ月合格コースがあり、どれも志望先対策など公安系独自に対策講座も充実したカリキュラムとなっています。

 

資格の大原

 

大原公務員講座では通学、通信を選択することができ高校生から大学生、民間企業から公務員転職とする社会人まで対象とし警察官講座は人気としています。また専門学校進学とした全日制では、1,2年制コースを選択し、毎日の授業で警察官を目指すことができます。

 

公安系に強いとしても知名度は高く、特に高卒程度の警察官の試験対策として数多くの合格実績としています。もちろん大卒程度とする警視庁Ⅰ類B、道府県警察の内定も多数としています。そこで高校生対象とした無料講習にも力を入れていますので利用してみてはいかがでしょうか。

 

LEC東京リーガルマインド

 

上位を目指せる公務員予備校としているLEC評判、口コミは常に定評があり、警察官コースもまた人気講座としています。高卒、大卒程度の警察官試験対策として通学、通信から選択することができ、経験豊富な受験指導のプロが、試験対策のノウハウが詰まった教材を利用し分かりやすく理解できる講義となっています。また本番に近い模試や近年重視されている面接対策にも万全としています。

 

警察官の試験対策は独学でも可能?

 

公務員予備校、専門学校、塾、セミナーなどを利用するメリットとは、教養試験や職種により専門知識など多くの科目のなかから必要な範囲を無駄なく学習し、効率的な学習方法で最大の学効果を発揮することができるとしています。

 

そこで警察官試験は公務員試験のなかではそれ程難易度は高くありませんが独学では、広い科目範囲のなかで何を重要とするのか、そのポイントを抑えるまでには時間がかかってしまうことが予想されます。そのため1回で合格、内定とするなら効率の良い的を絞った専門のスクール、講座を利用することで1次試験から2次試験まで万全の対策で試験に臨むことができます。

 

公務員予備校比較ラボ