国家公務員の警察官って何?教えて!

警察官予備校ガイド~人気講座比較

MENU

国家公務員の警察官って何?教えて!

あまり聞きなれない国事公務員の警察官とは?現在、警察官を目指す方では戦前戦後の警察組織に関心を高めている人もいるのではないでしょうか。ここでは国事警察とした特別高等警察のルーツに迫りたいと思います。(これより一部ウィキペディアより抜粋)

 

特別高等警察とは、国事警察として発足した高等警察から分離し、国体護持のために無政府主義者、共産主義者、社会主義者、および国家の存在を否認する者を査察・内偵し、取り締まることを目的とした日本の政治警察としていました。

 

内務省警保局保安課を総元締めとして、警視庁をはじめとする一道三府七県に設置されたが、その後、1928年に全国一律に未設置県にも設置され略称は特高警察、特高と言い、構成員を指しても言います。

 

明治44年に特別高等課が生まれた理由とは?

 

設置されることの発端は1910年(明治43年)、明治天皇の暗殺を計画したとして、大逆罪の容疑で多くの社会主義者、無政府主義者が逮捕・処刑されました。それを受け翌1911年(明治44年)に、それまで高等警察事務の一部であった危険思想取締りのため、内務省が枢要地に特に専任警部を配置することを勅令で決定し、同年8月21日に警視庁の官房内に従来より存在した政治運動対象の高等課が分課されて、社会運動対象の特別高等課が設置されたとしています。

 

特別高等警察の役割とは?

 

特高警察は各県の警察部長を経由して地方長官(知事)の指揮を受ける一般の警察と異なり、内務省から直接に指揮を受ける特殊な警察組織でもあります。「国家組織の根本を危うくする行為を除去するための警察作用」と定義されるとした高等警察は、いわゆる政治警察や思想警察のこととしています。

 

戦前の日本において社会主義運動、労働運動、農民運動などの左翼の政治運動や、右翼の国家主義運動などが多く活動しておりそれらを取り締まる任務でもありました。被疑者の自白を引き出すために暴力を伴う尋問や過酷な拷問が行われていたという記録も残されているようです。

 

そこで「特高」は当時の思想弾圧の象徴ともいえる存在であったようです。そのため逸話では「票読み一つ誤らない」と恐れられた緻密さを持ち、ことに戦時中は、「銭湯の冗談も筒抜けになる」とまで言われていたようです。恐れられながらもその時代では必要とされた警察組織でもあったようですね!

 

国事警察は今でもある?

 

1945年10月4日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の人権指令により治安維持法と共に廃止されました。そこで特高警察に「代わるべき組織」として、内務省警保局に公安課が設置され、各都道府県警察部にも警備課が設置され今の公安警察とし正式には警備警察の一部門としています。

 

現在の公安警察は主に国家体制を脅かす事案に対応するとし、国外的には旧共産主義国の政府、国際テロリズム、スパイ活動、国内的には、極左暴力集団、朝鮮総連、日本共産党、社会主義協会、市民活動、新宗教団体・セクト(特殊組織)、右翼団体(右派系市民グループ含む)などを対象に捜査・情報収集を行い、法令違反があれば事件化して違反者を逮捕することもあります。

 

そして公安警察に所属している警察官は、公安警察官と呼ばれることが多く、警務部、総務部所属の警察官と並んで警察内部ではエリートとみなされています。